今週はカラッとした秋晴れの日が続いて、
作業も順調に進んでいます。

さて、青空に包まれた本日は、町田市成瀬のN様邸で進めている塗装工事中の様子を紹介いたしますね。

モルタル外壁の上塗り塗装(主材2回目塗布)

前回、外壁の中塗りが完了しているので、この日は最終工程となる仕上げ塗りを中心に作業を進めました。

まずは中塗りがインターバル期間中にしっかりと乾燥しているかを細かくチェック。

問題なく硬化していたので、中塗り塗膜の上に上塗り材を塗布していきます。

上塗りの役割の1つは、住宅の外観を美しく仕上げるということ。外壁塗装の一番最後に行う工程になるので、外観の美しさを決定づける工程であると言っても過言ではありません。

ちなみに当社では、密着性を高める下塗りを塗布した後、2度同じ塗料を重ね塗りするのを基本としています。

下塗り・中塗り・上塗りの3工程はいずれも重要ですが、人目に触れたり雨や紫外線の影響をもろに受けたりするのは上塗りの部分です。

上塗りを行うことで、塗膜の厚みが十分なものとなり、塗料の性能を十分に発揮できます!

以上、町田市成瀬のN様邸で進めている塗装工事中の様子をお伝え致しました。