外壁の下塗り塗装

10月に入り急な気温の落差があったり、
大雨が降ったり止んだり…。

なかなか組んだ予定がうまくこなせない日々が続いておりますが、この時期の天候不順は毎年のこと。

ですので平常心を保ちながら、しっかりと準備だけは怠らないように1日を大事にしていきたいと思う今日この頃です。

さて、今回は、町田市忠生のU様邸で進めている塗装工事中の様子を紹介いたしますね。

外壁の下塗り塗装

前日の段階で下地処理が完了しているので、この日は外壁の下塗りを中心に施工を進めました。

外壁の下塗り塗装

余談ですが、下塗りは塗装を施す壁面と仕上げ塗料をしっかり密着させたり、傷んだ外壁下地を補強して覆い隠す役割があるんです。

もし、下塗りせずにいきなり上塗り塗料(主材)で塗装してしまうと、塗装の変色、塗装の膨れ、塗装の剥がれ、外壁塗装の美観低下など、仕上がり後に不具合が発生する可能性も…。

その為、我々は外壁塗装の中でも下塗りが一番重要な位置づけて考えています。

これから塗布する上塗り材がしっかりと壁面に密着するよう、ムラや塗り残しがないように時間をかけて丁寧に塗布しました。

以上、町田市忠生のU様邸で進めている塗装工事中の様子をお伝えいたしました。